アイランドタワークリニックがFUEばかり勧める理由

田中君の主張

禿げ侍

田中です。

ここまでで、アイランドタワークリニックの問題点はFUEばかり勧める所、つまり

  1. フィナステリドやミノキシジル、ザガーロと言ったAGAの標準薬の治療で十分な人にまで自毛植毛を勧めていないか?
  2. 自毛植毛を勧めてはいけない若者も誘引するような広告・宣伝を行っていないか?
  3. FUTの方が良くてもFUEを勧めていないか?

の3点に分けて説明してきました。

今回はこうした”FUE推し”になってしまった背景を”邪推”してみます。参考にしたのは、豊富に自毛植毛病院の実態に関する海外文献を掲載しているサイトの記事です。

そのサイトに載っている記事は有名な自毛植毛の権威の医師によるものなので、あながち的外れな指摘にはならないと思います。

FUEばかりを勧める理由

1.自毛植毛は儲かる

自毛植毛手術は高いです。アイランドタワークリニックなら2,000グラフトの植毛で259万2千円かかります。車一台分ですね。

薬でしたら、例えば、日本で最も症例数の多いAGA専門クリニックのヘアメディカルグループの場合、1か月で32,400円の薬剤費用を取ります。

259.2万円を薬剤費で取り返そうとすると80か月使わせないといけません。6~7年です。これは長いですね。実際は同じクリニックにこんなに長く通い続ける人は少ないでしょうから、とりっぱぐれる恐れもあります。

と算段したら、断然植毛です。

2.FUEはFUTよりも儲かる

アイランドタワークリニックに行くと、まあFUTをコケおろします。

「一昔前の手技です」、「メスで切った傷跡が残ってしまいます」という話をしながら、それはそれはひどい傷の残った症例写真を見せてきて、「昔の人はこんなひどい目にあってましたけど、うちなら安心です」とFUEを推してきます。

実際、へたくそな医者がやったらこうなるのかもしれませんが、しっかりした自毛植毛クリニックならこんなことありません。

つまり、アイランドタワークリニックのカウンセリングでやってることは、腕の良い植毛医とヘタな植毛医の施術の違いを説明してるんであって、FUTとFUEの差の話じゃないんですけど、聞いてる側からするとそこがすり替わってしまって、

FUTなんて今時する人、いるのか?

という心情になってしまいます。わざとそう話しているとしか思えないカウンセリングトークで。

こうしたFUE偏重主義には2つの背景があると、この記事を見て思いました。

(世界的権威が語る)FUEばかり勧めるクリニックの是非

(1)FUEはFUTの治療費の2倍

確かにFUEの方が手間がかかります。メスで頭皮を切り取って1度に大量に毛穴組織を採取するFUTに比べ、一つ一つの毛穴組織をくり抜いていくFUEは手間がかかります。特別な機器も必要です。その分の人件費などを考えたら高額になるのもしょうがないんでしょう。そのため、FUEは2倍もの手術代を請求されます。

いくら手間がかかると言っても2倍も人件費がかかる訳はありませんので、これはボリすぎです。

という意見もあります。これに対して

いやいや。FUEは難しい手技で、下手な医者がやったら移植グラフトの生着もおぼつかない。そういう意味では高い技術力に見合った治療費を頂いているだけです。

という理屈もあるでしょう。そう、ここが2番目の背景です。

(2)FUTとFUE、両方の手技を勉強し、熟達するのは大変

FUEはグラフトを採取する時に切断してしまう可能性がFUTよりも高いと言う致命的な欠点があります。

FUEでの移植グラフトの切断

そこを克服するには、機器の進化もさることながら、手術をする医師の腕を引き上げる必要があります。

また、FUTの場合は、採取した頭皮を「株分け」する作業に多くの看護師が必要ですが、FUEでは基本的に株分けは必要ありませんので、その分人手を減らせるというメリットもありますし、看護師をトレーニングする時間・コストも節約できます(と、ある先生に言われました)。

そのために、FUTは捨ててFUEに特化しているという背景もあるのではないかと思っています。

実際アメリカではFUEに特化してFUTができない医師が増えているとか。

こうした、FUE推しの背景には”儲け”に走る姿勢、”易きに流れる”姿勢が透けて見えてきますね。


鈴木君の反駁

禿げ和尚

鈴木です。

今回の田中君の主張は前回とほぼ同じですね。FUEの方が儲かることを少々詳しく説明しているくらいで、論旨の展開は全く同じです。

なので、私の言いたいことは基本的に前回と同じです。

日本で自毛植毛手術を受ける人の100人のうち60人以上がアイランドタワークリニックを選んでいるのは、その確かな実績、裏打ちされた医師や看護師など医療チームの仕事に魅力を感じているからと考えるのが自然でしょう。

それだけ高いシェアはアイランドタワークリニックのやり方への支持されてきた証拠です。

「10年間で無事故・無違反、消費者センターへのクレーム0」という事実も、そのやり方が間違っていなかったことを証明しています。

FUEを推しているのは、患者が望んでいるからです。それだけFUTのようにメスを使う施術に対する恐怖感、不安感が大きいことの表れです。そうでなければ、患者だって2倍もの手術費を払ったりしません。

また、田中君は、アイランドタワークリニックを”金儲けマシーン”のように見せたいようですが、その根拠はあくまで、田中君の推測、憶測でしかありません。

海外の資料も論拠としていますが、それが示すのは海外ではそういう病院もあるという事であって、アイランドタワークリニックがそうである証拠にはなりません。

海外の資料を出してきて何となく説得力がありそうに見せているのは、印象操作でしかありません。

田中君、ちょっと卑怯ですよ。

参考資料

タグ:アイランドタワークリニック自毛植毛 評判自毛植毛 費用

SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。