アイランドタワークリニックはFUTの方が良くてもFUEを勧めてる?

田中君の主張

禿げ侍

田中です。

一番最初のブログ記事で、アイランドタワークリニックのいけないところは

FUEしかしない所

と書きました。その”心”はということで、続く記事で

自毛植毛ありきで必要のない人にまで勧めていないか?

についてお話ししました。そして今回はこれです。

FUTの方が良くてもFUEを勧めていないか?

FUEとは自毛植毛手術の方法で、移植するための毛穴の組織を後頭部から採取する時にメスを使わずに、1つ1つ特殊な機器を使ってくりぬく主義です。

これまで主流だったFUTというメスで頭皮を帯状に切り取る手技に比べ、痛みも少ないし、傷跡も目立ちにくいという事で患者からも人気の手技です。

ただ、この手技にはデメリットもあります。

採取グラフトのダメージで生着率が低い

移植する毛穴組織を頭皮からくり抜く時に、途中で切断してしまったり、必要な組織を全部取り切れずに毛穴組織が傷つくこともあります。

それだけに、移植後の毛穴組織の生着率が下がる傾向があります。

一方FUTは切り取った頭皮を顕微鏡下で丁寧に切り分けていくので、毛穴組織が傷つくリスクがぐっと下がります。

そういう意味では、どうしてもFUTのメスの痕がイヤだ!と言った理由がないなら、一般にはFUTを勧めるべきだそうです。

時間がかかるので大量植毛に向かない

一つ一つ毛穴組織を頭皮からくり抜くので、どうしても時間がかかります。時間がかかると患者への負担が増えるだけでなく、採取したグラフトの生着率にも影響があります。

一般に採取したグラフトは移植されるまでの間、生理食塩水などの培養液の中に浸されて低温保存されますが、その保存時間が長ければ長いほど、損傷を受けるリスクが高まります。

そのため、FUEのような時間のかかる手技では、それほど植毛数を増やせないそうです。

もちろん、アイランドタワークリニックのようにFUEに特化して自毛植毛をしている専門クリニックの場合、その手技への熟達度も高いでしょうから、それなりの植毛数を増やせるのでしょうが、それでもFUTよりも時間がかかるのではないでしょうか。

では、なぜわざわざ、生着率と言う植毛後の仕上がりに直結する要因でリスクを冒してまでFUEでやる必要があるのでしょうか?

なぜFUEに固執するのか?

もちろん、後頭部の傷痕を気にしているという患者側のニーズもあるのでしょうが、彼らのカウンセリングを受けているとあたかも、FUTの傷は、失敗例の写真を見せて強調し、FUEの傷はほとんどないかのように話してきます。

実際はFUTの傷は、しっかりしたクリニックでやれば”きれいに”隠せる方法がいくつかあるそうです。

また、FUEでも傷が線にならないだけで、実際は無数の数千に上る丸い小さな傷痕がぽつぽつと残ります。だから、髪形を坊主にしたりすれば見えてしまうのは一緒です。

ではなぜそれほどまでにFUEに肩入れするのでしょうか?ここからは推測になりますが、

儲かるから

だと思われます。なお、このFUE偏重のトレンドはアメリカでも起こっているそうで、世界的権威の自毛植毛の医師が、金儲けと断罪しています。

実際日本では、FUEの治療費はFUTの2倍ですから、金儲けには非常に効率的な手技です。しかも移植グラフト数が増えれば増えるほど治療費が上がっていきます。

アイランドタワークリニックでは1グラフトの移植につき1,200円取ります。1千グラフトで120万円、2千グラフトで240万円という具合です。

なので、無理してでも大量に植えようとします。元々大量の植毛にはリスクのある手技ですから、その無理がたたると生着率と言う植毛手術の根幹にかかわる問題が出てきます。

このリスクについてちゃんと話していないという点でアイランドタワークリニックにはインフォームドコンセント上問題があると言わざるを得ないでしょう。


鈴木君の反駁

禿げ和尚

鈴木です。

田中君、また突っ込みどころ満載の主張をしてきていますね。

1.FUTよりFUEを勧めて何が悪い

まず、FUTの方がFUEよりも生着率が高い?理論上そうなのかもしれませんが、それを証明したエビデンスは本当にあるのでしょうか?

その人がFUEではなくFUTをした場合の生着率は計算しようがありませんよね?どうやって証明するの、それ?

頭の半分をFUTで、もう半分をFUEで、と術式を分けて、同じ医師が同時に手術して生着率を見る?

そんなことできないでしょう!仮にできたとしても、生着率は、そもそも株を採取する方法だけに影響されるわけではないですから、試験結果をそのまま読めないですよね?

それに、確かに株を採取する時に途中で切断するリスクは高いのでしょうし、手術時間も長いのでしょうが、アイランドタワークリニックでは対策をすでに講じていますよ。

それこそ、i-Directの真骨頂です。

対策は手術機器にとどまらず、医療チームのスキルにまで及んでいます。

アイランドタワークリニックは、医師の腕もトップレベルと自負されています。

その分、株採取の精度も高いし、スピードも速いんです。

自らトップレベルというのも、ちょっと”イタい”ですが、手術は場数、年間2万例もやれば、確かに、いやが上にも上手になるはずです。

その証拠に、生着率95%。世界平均が8割くらいだそうですので、アイランドタワークリニックの数値は平均を大幅に上回っています。

ここまで高いとFUTとの差もないのではないでしょうか?

田中君、無用にFUEのリスクをあおってるだけじゃないですか!

2.FUEを勧めるのは患者が望むから

FUEを勧めるのは患者がFUEの方が良いと判断して選ぶからです。それだけ、メスで頭皮を切りとるという手技に多くの人が抵抗があるんです。

例えば、このような動画を見てFUTに躊躇しない人がいるでしょうか?

病院側がどれだけFUEをおすすめしようと、FUE自体に魅力がなければ、2倍もの手術費用に患者は納得しないでしょう。

そもそも、FUEを推しているのはビジネス上の事だとアイランドタワークリニックが言ったのでしょうか?

そんなこと言っていないですよね?田中君の憶測にすぎません(自分でも”推測”と言ってますが)。

憶測で、相手を貶めるようなことを言うのは止めましょう。

それに、100歩譲って(100万歩譲って!)、ビジネスだとして何が悪いのでしょうか?

医は仁術

そう考える人にとっては抵抗があるのかもしれませんが、でも、「もっと儲けたい。だからもっと患者に満足してもらおう」と病院側が考えるのならば、ビジネス、大賛成ではありませんか?

アイランドタワークリニックが「医は仁術」を地で行く病院なのか、否かは別として、「3年連続シェアNo.1を獲得していながら、過去10年間で無事故・無違反、消費者センターへの苦情ゼロ」という実績が、この病院が患者側のニーズを満たしてきた、何よりもの証左ではないでしょうか。

参考資料

タグ:アイランドタワークリニック自毛植毛 評判

SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。