FUEとは?_アイランドタワークリニックを理解するための基礎知識

FUEとは?

現在主流の自毛植毛手術のやり方には大きく分けて2つあります。一つはFUTという方法、もう一つはFUEという方法です。

その違いは、薄くなった頭皮に移植する毛穴の組織を後頭部や側頭部から採取する方法にあります。

FUTはAGAで毛が将来も抜けそうにないエリア=後頭部や側頭部から毛穴の組織を採取する時に、頭皮をメスで帯状に切り取る方法です。切り取った後は、頭皮を縫合します。

一方、FUEは、毛穴の組織を1つ1つ、特殊な機械を使って採取する方法です。こういう中空のチューブ状の機器=パンチで、周辺の頭皮組織から切り離し、掃除機のように吸い上げる機能があります。

FUEのメリットは?

お分かりの通り、メスで頭皮を切り取らないので、怖くないし、それほど痛くないし、手術痕も比較的目立ちにくいと言われています。

自毛植毛手術を踏み切れない人の心配は、手術に対する漠然とした恐怖感、手術痕が目立って後でバレないかという不安感ですので、この2つを克服してくれるのがFUEです。

FUEのデメリットは?

生着率が低い

一般に、FUTと比べて、手術が難しいと言われています。何が難しいかと言うと、毛穴の組織を傷つけずに採取するのが難しいそうです。

FUEを選ぶ人は後頭部の傷跡を最小限にとどめたい訳ですから、医者はそれに応えようと、口径の小さい機器=パンチを使ってくりぬこうとするんですが、毛穴の大きさは大きいものもあれば、小さいものもあるなどまちまちで、時にくり抜く時に、きれいに採り切れなかったり、途中で毛穴組織=グラフトが切れてしまったりするそうです。

そのため、切断したグラフトは植えられませんが、傷ついたり、不完全な状態のグラフトを植えてしまうと、その後の移植先での定着率=生着率が悪くなってしまいますね。

一方FUTの場合はそのリスクが低いそうです。なぜなら毛穴組織を頭皮ごと切り出して、顕微鏡下で細心の注意を払って一つ一つの毛穴組織に切り分けるからです。

大量に採取できない

想像できると思うんですが、一つ一つの毛穴組織をくり抜いていくの多は大変な作業です。時に1,000グラフト単位での消耗が必要なわけですから、その作業は気が遠くなりそうな大変さです。そのため、一般的には、大量の株を採取する植毛には向かないとされています。アメリカの有名な自毛植毛の世界的権威の先生によると、2,000~2,500株が上限と言っています。

治療費が高い

毛穴を一つ一つくり抜いていく訳ですから、その労力はハンパないですね。その分、コストに跳ね返ってきます。FUTと比べると治療費は約2倍です。

デメリットばかりを書いてしまいましたが、メスで切らないので怖くない、手術痕も目立たないというメリットは非常に魅力的です。そのため、FUEの手技で植毛する人の方が日本では圧倒的に多いです。

参考資料

タグ:自毛植毛 評判自毛植毛 費用

SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする